【仮想通貨】ゲーム巨大な韓国の会長は将来的に ‘すべての産業’ Blockchain の使用を予測します。



※ざっくり自動翻訳メモ。

ネットマーブル最大の韓国のゲーム会社の一つの会長を信じる blockchain 技術は、あらゆる業界ですぐに適用されます、ローカル ニュースの出口デイリー レポート 6 月 20. ネットマーブル (について $1.35 1 兆 5000 億ウォンの収益を報告しました。
10億) の 2016 年の市場は今日 12 兆 8600 億ウォン (約 $ 115 億 9000 万) のキャップします。
ソウルで開催された第 9 回年次戦略のフォーラム中、会長ビッグバン ヨンジュン ヒョクは blockchain と blockchain の使用のための楽観的な予測とビジネスの未来についての大学生の質問に答えた:「客観性、信頼性と Blockchain とセキュリティ、今後は、すべての産業に適用されます”会長が、インターネットの blockchain の革新を比較人気がバブルをだった blockchain の現在場合メッセージが表示されたら、:”インターネットはバブル。
インターネットをしたすべての産業便利な […][Blockchain] は、bitcoin に投資している人がいるのでバブルではありません。
それは知っている人のための機会はの知らない人のためのバブルだ」です。
ビッグバン ヨンジュン ヒョク続けた彼の比較と blockchain は、nascency なので技術の活用成功 1980 年代のインターネット起業家のよう持って来ることができる注意すること:”これは、この時間が来る十年に […] 一度今我々 ようです。
期待している blockchain.”韓国の中央銀行は、2020 年までにキャッシュレス社会の彼らの目的を達成するために blockchain を使用してのアイデアを模索を始めています。
さらに、韓国政府は、5 月、彼らは再度初期コイン製品 (ICO) を合法化する計画を発表したときの終わりに彼らの cryptocurrency と blockchain の立法のための新しい方向を発表しました。

Chairman of Korean Gaming Giant Predicts Use of Blockchain in ‘All Industries’ in Future

The chairman of Netmarble, one of the largest South Korean gaming companies, believes that blockchain technology will soon be applied across all industries, local news outlet EDaily reports June 20.

Netmarble reported revenue of 1.5 trillion won (about $1.35 billion) in 2016, with a market cap of 12.86 trillion won (about $11.59 billion) today.

During the 9th Annual Strategy Forum held in Seoul, chairman Bang Joon-hyuk responded to a college student’s question about the future of blockchain and business with an optimistic prediction for blockchain’s use:

“Blockchain with objectivity, reliability and security will be applied to all industries in the future,”

When asked if blockchain’s current popularity was a bubble, the chairman then compared the innovation of blockchain with that of the Internet:

“The Internet was not a bubble. The Internet has made all industries convenient […] [Blockchain]

is not a bubble because there are people who have invested in bitcoin. It is a bubble for those who do not know, but an opportunity for those who know.”

Bang Joon-hyuk continued with his comparison, noting that since blockchain is in its nascency, taking advantage of the technology could bring success similar to the Internet entrepreneurs of the 1980s:

“It seems that this time comes once every ten years […] now we are expecting blockchain.”

South Korea’s central bank has begun exploring the idea of using blockchain in order to achieve their aim of a cashless society by 2020. Furthermore, the South Korean government announced a new positive direction for their cryptocurrency and blockchain legislation at the end of May, when they announced a plan to make initial coin offerings (ICO) legal again.