【仮想通貨】スイス中央銀行は言う政府発行のデジタル通貨金融安定を脅かす



※ざっくり自動翻訳メモ。

よるとスイス国立銀行 (SNB) アンドレア Maechler のボード メンバーを支配する、プライベート cryptocurrencies 中央銀行デジタル通貨 (コミュニティ)、ドイツ報告日曜日、4 月 8. で聴衆に語った、SNB 理事 Cointelegraph auf に利点があります。
チューリッヒ民間デジタル通貨が良いと全国的に発行されたバージョンよりもリスクが少ないこと。
さらに、彼女は政府発行の cryptocurrency がいわゆるのリスクを高める可能性があります追加「騒ぎ」-銀行の支払能力についての懸念に基づく多数の顧客が銀行から資金を引き出すとき。
金融安定性のため、コミュニティの潜在的なリスクに話すができた、彼女は主張した:「一般のデジタル中央銀行お金は小売店キャッシュレス支払いための効率的なシステムを確保するため必要ではありません。
それやっとのことで任意の利点を提供することが、財務の安定性に関して計り知れないリスクを生じさせるだろう。
」中央銀行はまたすなわち分散 cryptocurrencies の問題を見ている彼らはない伝統的な通貨の要件と効果的に競うことができます。
Meachler が参照 cryptocurrency は安定した会計単位、値の長期保存のための車両交換の媒体としての応用を参照して、お金の要件を欠いていた。
Maechler はまた分散元帳技術 (DLT)、Blockchain は、型コストを削減し、国際送金の領域で透明性を高める可能性があることを認めた。
ただし、データのセキュリティと信頼性の面で、彼女は DLT (リアルタイム-時間-グロス-決済) RTGS 決済システムの要件のない対応をしないと述べた。
国のデジタル通貨の概念の彼女の否定的な態度は、他国の中央銀行が積極的にトピックを研究している世界中の位置に対照的に立っています。
最近 4 月 5 日 (木曜日) のように準備銀行 (RBI) は、インドは、それは独自のコミュニティを発行するのに探している発表しました。
3 月には、副知事、人々 の中国の銀行は、中国元 (人民元) を強化する状態出された cryptocurrency の作成に関心を表明しました。
今週、フィンテック会社 R3 の研究者は、CBDCs は 2018 年に実際の実装を見ることを予測しました。

Gov’t-Issued Digital Currencies Threaten Financial Stability, Says Swiss Central Banker

According to Swiss National Bank (SNB) governing board member Andréa Maechler, private cryptocurrencies have advantages over central bank digital currencies (CBDC), Cointelegraph auf Deutsch reported Sunday, April 8.

The SNB board member told an audience in Zurich that private-sector digital currencies are better and less risky than nationally-issued versions. Furthermore, she added that a government-issued cryptocurrency could increase the risk of so-called “bank runs” – when a large number of customers withdraw funds from a bank based on concerns about the bank’s solvency.

Speaking to the potential risks a CBDC could have for financial stability, she argued:

“Digital central bank money for the general public is not necessary to ensure an efficient system for cashless retail payments. It would deliver scarcely any advantages, but would give rise to incalculable risks with regard to financial stability.”

The central banker also sees problems with decentralized cryptocurrencies, namely that they can not compete effectively with traditional currency requirements. Meachler referenced that cryptocurrency lacked the requirements of money, referring to its applications as a medium of exchange, a vehicle for long-term value retention, and a stable unit of account.

Maechler also acknowledged that Distributed Ledger Technology (DLT), of which Blockchain is a type, has the potential to reduce costs and increase transparency in the area of ​​international money transfers. However, in terms of data security and reliability, she remarked that DLT does no meet the requirements of RTGS (Real-Time-Gross-Settlement) payment systems.

Her negative attitude towards the concept of a national digital currency stands in contrast to the positions of other nations around the globe, whose central banks have been actively researching the topic.

As recently as Thursday, April 5, The Reserve Bank of India (RBI) announced that it is looking into issuing its own CBDC. In March, the deputy governor the People’s Bank of China expressed interest in creating a state-issued cryptocurrency to bolster the Chinese Yuan (RMB). Earlier this week, a researcher at fintech company R3 predicted that CBDCs would see real-world implementation in 2018.