【仮想通貨】ラファイエットの教区、ルイジアナ州と市町村 Cryptocurrency と ICO の開発



※ざっくり自動翻訳メモ。

市長社長ジョエル Robideaux ラファイエットの教区、ルイジアナ州提案教区政府独自の cryptocurrency を作成して初期コインを提供する (ICO) を起動する、ローカル報道アドヴォケート アカディアナ 4 月 12. の年次スピーチで、ヘイマン センター Robideaux は、教区にお金を操縦するために投資家をやる気にさせる、独自のデジタル通貨の開発の恩恵を受けることができる技術のハブとしてラファイエットを提示しました。
伝えする一般的なファンドは「基本的に一掃」ラファイエットの教区予算に役立つだろうこれ、ローカル経済の多様化と行政サービスの向上に加えて。
Robideaux は、それは公共事業の資金調達の新しい方法を開発できる可能性があると述べた:「無秩序な追跡できないとセキュリティで保護されたデジタル通貨取引をする世界的なリバタリアンのちょうど束ではないです。
それは銀行、金融・決済システムの世界は永遠に変更される、医療、政府、おそらく他のすべての産業の世界は中断されるグローバルなステーク ホルダーの認識だ」。
Cryptocurrency ICO からの収入は、「Blockchain の研究者や開発者の生活ラボの構築」、報道のコンセント。
Robideaux、しかし、明らかにしなかったどうやって投資家とどのような環境がありますローカル cryptocurrency を引き付けるかもしれない。
アイデアは、「非効率な政府と、もっと重要なのは、公共インフラの資金調達ため選択肢対象としたソリューションを開発」すると述べた2 月、バークレー、カリフォルニア自治体の連邦政府の資金をカットする社長ドナルド ・ トランプを脅した後手頃な価格の住宅とその他の取り組みのための資金を調達する 『 ico 』 の起動と見なされます。

Lafayette Parish, Louisiana Considers Development Of Municipal Cryptocurrency And ICO

Mayor-President Joel Robideaux of Lafayette parish, Louisiana proposed the parish government to create its own cryptocurrency and consider launching an Initial Coin Offering (ICO), local news The Acadiana Advocate reported April 12.

In his annual speech at the Heymann Center, Robideaux presented Lafayette as a technological hub, which could benefit from the development of its own digital currency to motivate investors to steer money into the parish.

This would reportedly help the Lafayette parish budget, of which the general fund is “basically wiped out”, in addition to diversifying the local economy, and enhancing government services. Robideaux said it could potentially develop a new way of financing public works:

“It’s not just a bunch of global libertarians that want unregulated, untraceable and secure digital currency transactions. It’s the recognition of global stakeholders that the world of banking, finance and payment systems is forever changed, that the world of healthcare, government and possibly every other industry is about to be disrupted.”

The proceeds from a cryptocurrency ICO would, “build a living lab of Blockchain researchers and developers”, the news outlet reports. Robideaux, however, didn’t clarify how exactly a local cryptocurrency might attract investors and what such a lab might consist of. He said the idea is to “develop solutions targeting government inefficiencies, and, more importantly, alternatives for financing public infrastructure.”

In February, Berkeley, California considered launching an ICO to raise money for affordable housing and other initiatives after President Donald Trump threatened to cut the municipality’s federal funding.