【仮想通貨】Huawei 社は、ストレス テストの Blockchains をすることができます建築技術



※ざっくり自動翻訳メモ。

オープン ソースの blockchain 部門で初のメジャー リリースを作るには、huawei 社を少しずつ近づいて。
一年近く、ハイテクの巨人最近 $ 75 億相当のバック グラウンド処理は、主要な blockchains のパフォーマンスをテストするように設計ツールを発表した後、1 つ今準備しています Hyperledger の Linux Foundation が主導のコンソーシアムに正式に提出するには今年の。
プロジェクト キャリパーと呼ばれる、オープン ソース技術すでにサポートしています Hyperleger ファブリック、Hylerledger のこぎり Hyperledger いろはの分析とより 2018.Still、Haojun 周の大半の背後にある huawei 社エンジニアの終わりによって追加される予定コード、説明として 1 つは、技術の分析に焦点を当て、基本的に開発者支援ツールや企業は、その技術についてより自信を持って意思決定を行います。
彼は CoinDesk を言った:「私達は考えたそれは blockchain の行方不明の部分我々 それを開発することができます」。
簡単に言えば、発売前の 5 月、プロジェクトの目標は既存の blockchains をという彼ら簡単に比較できる基準 Hyperledger のパフォーマンスとスケーラビリティの作業当社ベンチマークのフレームワークのコアを介してフレームワークに統合、します。
キャリパーがスマート契約をインストール、コントラクトを呼び出すことができますまたはクエリに最適様々 な分散台帳の状態ゲージの効果情報を変換する「適応層」です。
次に、コードのストレス ・ テスト管理環境でサポートされている blockchains、トランザクション、1 秒あたりのトランザクション数、トランザクションを解決するためにかかる時間および資源の消費の成功率を含む検索結果を生成しますすべての CPU やメモリなど、これらのアクションが必要。
それでも、周と考えている結果がすべて blockchain の建築者に恩恵を受けるだろう。
」我々 しようとしている他の当事者が他の Hyperledger プロジェクトとして作業に参加する簡単にことができますので、Hyperledger のコミュニティに貢献する、”と彼は言った。
バック ステップ、しかし、それは不明のままで遊んで blockchain セクター競争の興味が与えられるだろうどれだけこのようなツールを使用します。
IBM やインテルのような他の貢献者によって広げてパス、次も huawei 社は特許を持つその他の blockchain の仕事を守っています。
ハビエル ・ ラパス、昨年は、1 つは、主要な blockchains のリストを手動で評価サイト グループ レポートの作者は企業を任意の欠陥を強調表示可能性があります精査の対象となるオープン ソース プロジェクトも聞かせ、懐疑的です。
」私は有効性と様々 な公共および民間のチェーンの進捗状況を比較するために必要な作業がマニュアルと骨の折れる努力 – 関与しているにネットワーク、主要なパフォーマンス統計情報の共有を快適に残ること恐れている”と彼は言った。
今と Comcast、BT、テレフォニカと T-モバイル – 華 – すべてのさまざまな方法で blockchain をかかわって提訴した正常に彼ら自身、通信巨人間で成形も競争があります。
Huawei 社の袖を何かもしれない限り周はまだプロジェクト キャリパー締結、大きな戦略の一部であることを確認だけだろう: huawei 社は、もちろんは「開発」他 blockchain プロジェクト。
シャッター blockchain ニュース、CoinDesk のリーダーを介して華画像は最高のジャーナリスティックな標準のために努力し、編集方針の厳格なセットに従うマスコミ。
CoinDesk は、cryptocurrencies と blockchain のスタートアップに投資してデジタル通貨のグループの独立した子会社です。

HyperledgerHuawei

Huawei Is Building Tech That Can Stress Test Blockchains

Huawei is inching closer to making its first major release in the open-source blockchain sector.

After almost a year of behind-the-scenes work, the tech giant recently valued at $7.5 billion has unveiled a tool designed to test the performance of major blockchains, one it is now preparing to submit formally to the Linux Foundation-led Hyperledger consortium this year.

Called Project Caliper, the open-source technology already supports analysis of Hyperleger Fabric, Hylerledger Sawtooth and Hyperledger Iroha, with more expected to be added by the end of 2018.

Still, Haojun Zhou, the Huawei engineer behind the vast majority of the code, described the tool as one that, while focused on analyzing technology, is fundamentally about helping developers and corporates make more confident decisions about their tech.

He told CoinDesk:

“We thought it is a missing piece of blockchain and we can help to develop it.”

Simply put, the goal of the project, launched last May, is to integrate existing blockchains into a framework whereby they can easily be compared via standards set by Hyperledger’s Performance and Scalability Working Group.

At the core of the benchmarking framework is an “adaption layer” that translates information so that Caliper can install smart contracts, invoke contracts or query the state of various distributed ledgers to best gauge their effectiveness.

Huawei, Project Caliper

Next, the code stress tests the supported blockchains in a controlled environment and generates results that include the success rate of transactions, the number of transactions per second, the time it takes transactions to settle and the consumption of resources required for all of these actions, such as CPU and memory.

Still, Zhou believes that the results would benefit any and all blockchain builders.

“We are trying to contribute it to Hyperledger community so other parties can easily to join the work as other Hyperledger projects,” he said.

Barriers to entry

Stepping back, however, it remains unknown just how widely used such a tool would be, given the competitive interests at play in the blockchain sector.

Following a path laid out by other contributors like IBM and Intel, even Huawei is protecting its other blockchain work with patents.

Javier Paz, the author of an Aite Group report who last year manually evaluated a list of major blockchains, for one, is skeptical that companies would let even their open-source projects be subject to scrutiny that could highlight any flaws.

“I’m afraid that the work required to compare the effectiveness and progress of the various public and private chains will remain a manual and painstaking effort – where the networks are involved and feel comfortable sharing key performance statistics,” he said.

There’s even competition now forming among the telecommunications giants themselves, with Comcast, BT, Telefonica and T-Mobile – which recently successfully sued Huawei – all getting involved with blockchain in various ways.

As far as what else might be up Huawei’s sleeve, Zhou would only confirm that Project Caliper is part of a bigger strategy, concluding:

“Huawei, of course, is developing other blockchain projects.”

Huawei image via Shutterstock


The leader in blockchain news, CoinDesk is a media outlet that strives for the highest journalistic standards and abides by a strict set of editorial policies. CoinDesk is an independent operating subsidiary of Digital Currency Group, which invests in cryptocurrencies and blockchain startups.

HyperledgerHuawei



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする