【仮想通貨】国の経済特区での最初の暗号企業を許可するには、フィリピン政府



※ざっくり自動翻訳メモ。

フィリピン政府は、10 Blockchain と cryptocurrency 企業レポート 4 月 25. 最初 Blockchain と合法的に動作するように暗号関連企業は、企業ができます伝えカガヤン経済ゾーン、ロイターで動作が、フィリピン カガヤン経済ゾーンの権限 (CEZA) 後は、アジアの「シリコン バレー」を作成することを目標にフィンテック ハブを設立しました。
カガヤン経済特区を管理する国営の株式会社であり、CEZA ラウル Lambino Freeport.Chief cryptocurrency 交換、マイニング、および初期コイン製品 (アイコス) 彼らが許可こと記載されている CEZA:”我々 は、約 10 のプラットフォームのライセンスcryptocurrency 交換。
彼らは日本、香港、マレーシア、韓国です。
Cryptocurrency マイニング、初期コイン製品に入ることができます。
または彼らは交換に行くことができます”。
Lambino は、フィリピンの法律の抵触を実行を回避するためにトランザクションをオフショア実施必要がありますその暗号-フィアット、フィアット-暗号交換を強調しました。
企業は、彼らが表示されます減税と引き換えに雇用を生成する予定です。
CEZA も少なくとも 1 ドルを投資する企業が必要になります mln 以上 2 年間ライセンス料で最大 10万ドルを支払うとします。
また、CEZA は新しい企業の熟練した従業員を提供する Blockchain フィンテック大学を構築する探して Lambino が追加されます。
今月、cryptocurrency にアドバイザリを発行されたフィリピンの証券と取引委員会 (SEC) クラウド マイニングの契約は、彼らが有価証券として分類されることを要求します。

Philippine Gov’t To Allow Country’s First Crypto Businesses In Special Economic Zone

The Philippine government will allow 10 Blockchain and cryptocurrency companies to operate in the Cagayan Economic Zone, Reuters reports April 25.

The companies will reportedly be the first Blockchain and crypto-related firms to legally operate in the Philippines after the Cagayan Economic Zone Authority (CEZA) established a fintech hub with the goal of creating an Asian “Silicon Valley”. CEZA is a state-owned corporation that manages the Cagayan Special Economic Zone and Freeport.

Chief of CEZA Raul Lambino stated that they will permit cryptocurrency exchanges, mining, and Initial Coin Offerings (ICOs):

“We are about to licence 10 platforms for cryptocurrency exchange. They are Japanese, Hong Kong, Malaysians, Koreans. They can go into cryptocurrency mining, Initial Coin Offerings, or they can go into exchange.”

Lambino stressed that crypto-to-fiat and fiat-to-crypto exchange transactions should be conducted offshore, in order to avoiding running afoul of Philippine law.

Firms are expected to generate employment in exchange for the tax breaks they will receive. CEZA will also require the companies to invest at least $1 mln over two years and pay up to $100,000 in licence fees. Lambino added that CEZA is also looking to build a Blockchain and fintech university to provide skilled employees for the new companies.

Earlier this month, the Securities and Exchange Commission (SEC) of the Philippines issued an advisory on cryptocurrency Cloud Mining contracts, demanding that they be classified as securities.