【仮想通貨】暗号コミュニティは自己を警察に、Blockchain を使用する必要があります。



※ざっくり自動翻訳メモ。

ヤヤ J. Fanusie 制裁と違法な金融に関する防衛民主主義の中心のための基盤の分析のディレクターであります。
彼の @signcurve のつぶやき。
自己、blockchain に不正行為を監視すぐに cryptocurrency スペースのための必要があります。
毎日 cryptocurrency 愛好家は、将来的に時間識別違法な財布、避けるように取引を使う可能性が高いです。
米財務省は、必然的なことしました。
数週間前、財務省静かに追加に公開ウェブサイトの Faq セクションのため、事務所の外国資産制御 (OFAC)、米国の経済制裁を監督するユニット。
言語は、OFAC は特別指定国民と人のブロック (SDN) リストに「デジタル通貨」アドレスを含むように計画しているを示しています。
これは大したことになります。
銀行や企業のすべてのタイプになっている人、組織、テロリズム、核拡散に関与するため「ブロック」として米国が定めた政府金融サービスを提供しないように SDN リストを確認するには泥棒政治、人権違反、および他の罪。
銀行は上親権のある OFAC のリストのそれらに属するすべての資産を凍結する法的に強制することができの取引を停止します。
そうしないための財政の罰は深刻なことができます。
一方、ほとんどの日常の cryptocurrency 投資家は、金融の法律用語満載の世界について少し知っている、金融ビジネスの任意の並べ替えを知っているその違反を走らせている人は廃業置くことができると -潜在的の刑務所 – クイック。
決して前に特定の cryptocurrency アドレスや財布されている法律の専門家は、SDN のだれでもに bitcoins または他の cryptocurrencies を送信するリストが米国人の法的長年理解しているが、OFAC によって記載されています。
まだ、フィアット銀行世界と暗号の領域で行うことができます何でブロックする資金の大きな違いがあります。
ピア ツー ピア cryptocurrency トランザクションをブロックまたは第三者によって反転できません。
だから OFAC 指定暗号財布は夫外部アドレス指定財布自体ではなく処理のより多くの精査を持って来るつもり可能性が高いです。
いくつかの cryptocurrency 業界のコンプライアンス専門家デジタル通貨財布名称は新しい時代の到来を告げるかもしれないと主張します。
どこトークン取得クリーン、汚染、または SDN アドレスを持つ協会のレベルに関して不明として分類されます。
これらの汚染または明白でない起源と cryptocurrencies は、彼らの存在以来楽しんでいるファンジビリティー末より高く評価されきれいなトークンと同じ blockchain のコインの価格レベルがあります。
1 つはまた blockchain フォレンジック ツールが貴重になるし、もっと広く汚染されたコインとユーザーとの取引のリスクを軽減する、暗号の交換目的を展開を期待できます。
しかし、cryptocurrency アドレスを精査の金融当局から生じる新しい時代のより重要な部分は cryptocurrency コミュニティ自体が必要つもり: blockchain の不正な取引を防止する作業です。
これは暗号のスペースの多くは聞きたくはないものです。
Cryptocurrency は、任意の政府機関によって邪魔されず誰も格納し、資金を送信するを有効にする専門家はしばしば「検閲に対する抵抗力」として技術の最も貴重な機能をポイント。
これは、理論、自由と民主主義の強力なイネーブラーです。
しかし、実習では、この技術的な能力は決して金融犯罪に関するほとんどの司法権の法律の範囲を与えられるスケーラブルな現実をされています。
腐敗した政府の賦課を回避は価値のある目標が、暗号のコミュニティはそれが証拠は犯罪者やテロリストが社会の自由を悪用している育つまま受動的に道徳的に受諾可能ではない認めるべきです。
近年、反お金洗濯 (AML) コンプライアンス専門家 blockchain 業界を中心に「知っているお客様」のことを超えて行く cryptocurrency 企業を奨励している (KYC) 従来の金融機関のために必要なデューデリジェンス」を知って、あなたのトランザクション」(KYT)、blockchain のデータを活用することによる。
このような blockchain のフォレンジックは、法執行機関や大手銀行のような他の企業と一緒に暗号交換を提供に特化した複数のベンチャーがあります。
これらの企業の分析ツールは、犯罪との闘いに役立ちますが、暗号のコミュニティの多くの声プライバシーを損なうようなツールは-deanonymize – blockchain 上金融取引を批判します。
ただし、blockchain 法医学からのほとんどの情報は公には共有されません。
1 つは通常データにアクセスする企業や政府のクライアントにする必要があります。
しかし、OFAC cryptocurrency アドレスの一覧は、KYT 分析の賭け金を上げるでしょう。
それは作るそれより重要な cryptocurrency タッチ アドレスの”licitness”を確認するトランザクションに関わる誰にとっても。
そしてそれがされる可能性がある指定したアドレスの数が最小限を始めるが (OFAC していない指定軽く)、制裁違反の小さなチャンスも画像にジョーの打撃トークン購入者のコンプライアンス リスクの軽減をもたらします。
禁止アドレスまたは禁止アドレスを使用したアドレスの偶発的なトランザクションは、おそらくその人の cryptocurrency 財布同様を汚す公共 blockchain 元帳上で表示可能でしょう。
SDN を含んだ blockchain プラットフォームの迷路に移動 cryptocurrency の毎日のユーザーを支援する唯一の方法は、様々 な財布アドレスの資金の流れをリアルタイムで急性骨髄性白血病/KYT 把握を持つでしょう。
これはにおいて、できるだけ金融企業、法執行機関の blockchain 分析が行われ、現在の環境の下で可能ではありません。
必要なは、オープン ソースのプラットフォームで不正行為が指摘されても、軽蔑的な情報を吟味です。
それは、blockchain のクラウドソーシング急性骨髄性白血病を呼び出します。
私はこの必要性を理解します。
非営利の国家安全保障のシンクタンクで研究員として cryptocurrencies および bitcoin 中東のテロ資金調達キャンペーンなどの違法な資金調達事例を調査しました。
私たちのチームは、これらのキャンペーンへの寄付を分析するのに無料の公共 blockchain エクスプ ローラーのウェブサイトを使用います。
これらのツールは、政府や銀行が高価な特殊な機械学習アルゴリズムのツールとアクセスできるほど堅牢ではありません。
Cryptocurrency ユーザーが私の「フラグ」を見ることができる場合でも、私は、blockchain 活動、私参照してくださいフラグ アドレスの厳格なマニュアルの追跡や分析を通じて資金の財布テロリストとの取引があるので日常のプラットフォームで私の調査結果を共有する方法効率的なとその信憑性を評価し、アドレスをそれらの明確なご滞在します。
業界を助けることができます。
2 年前、cryptocurrency の専門家 blockchain、ウイルスやその他のサイバー脅威の「白い帽子」ハッカーのフラグのように極悪非道な活動を見るにウォッチドッグ グループを設定することを提案しました。
財務省の計画では、自己管理の取り組みを構築する暗号のスペースを今より重要です。
OFAC のブラック リストを組み込むほか公共クラウドソーシング blockchain AML ツール暗号ユーザーに直接影響を与える不正資金脅威に対処する可能性がありますと: 暗号の強盗します。
ランサムウェアの犠牲者することができます。
または exchange ハック自発的リストに強要したまたは盗まれたトークン。
その正当な所有者に戻る資金を持って来ることはありませんすることが移動またはより困難のコインを盗んででき長期的に cryptocurrency 盗難を disincentivize します。
もちろん、仕事に自己管理 AML プラットフォームのあるだろう不正確かつ誤情報は公開されませんので、獣医のリストする方法。
それ以外の場合、このようなツールは、誤ってアドレスを中傷し、財政的に無実の人々 を弱体化させるため、悪用可能性があります。
しかし、これは、blockchain の急性骨髄性白血病を行うためのより良い方法を追求する理由ではなくより技術的な問題を解決します。
Bitcoin、最初 blockchain プロトコルの画期的な競争し、グローバル公共財政の記録の信憑性を確認する見知らぬ人を奨励する分散方法の設計だった。
確かに、すべての注意、時間とお金を投資、新製品および cryptocurrency トークンから構築されたサービスと、blockchain を清潔に保つことを奨励する方法をデザインすることができるこの技術を開発している人する必要があります。
シャッター blockchain ニュースのリーダーを介して警察車画像、CoinDesk は最高のジャーナリスティックな標準のために努力し、編集方針の厳格なセットに従うマスコミ。
CoinDesk は、cryptocurrencies と blockchain のスタートアップに投資してデジタル通貨のグループの独立した子会社です。
CrimeSanctionsOFACUS 財務省

The Crypto Community Must Use the Blockchain to Self-Police

Yaya J. Fanusie is the director of analysis at the Foundation for Defense of Democracies’ Center on Sanctions and Illicit Finance. He tweets at @signcurve.


Self-policing illicit activity on the blockchain may soon be a necessity for the cryptocurrency space.

The everyday cryptocurrency enthusiast in the future is likely to spend time identifying illicit wallets and transactions to avoid. The U.S. Treasury Department has made that inevitable.

A few weeks ago, Treasury quietly published additions to its FAQs section on the website for the Office of Foreign Assets Control (OFAC), the unit which oversees U.S. economic sanctions. The language shows that OFAC is planning to include “digital currency” addresses on its Specially Designated Nationals and Blocked Persons (SDN) list.

This would be a big deal.

Banks and all types of businesses are supposed to check the SDN list to ensure they do not provide financial services to people, organizations, and governments which the U.S. has designated as “blocked” due to involvement in terrorism, nuclear proliferation, kleptocracy, human rights violations, and other crimes.

Banks can be legally compelled to freeze any assets they have custody over that belong to those on OFAC’s list, and stop their transactions. The financial penalties for not doing so can be severe. And while most everyday cryptocurrency investors know little about the legalese-laden world of sanctions compliance, anyone running any sort of financial business knows that noncompliance can put you out of business-and potentially, in jail – quick.

Never before has a specific cryptocurrency address or wallet been listed by OFAC, although legal experts have understood for years that sending bitcoins or other cryptocurrencies to anyone on the SDN list is illegal for U.S. persons.

Still, there is a big difference between blocking funds in the fiat banking world and what can be done in the realm of crypto. Peer-to-peer cryptocurrency transactions cannot be blocked or reversed by third parties.

So an OFAC-designated crypto wallet is likely going to bring more scrutiny on the external addresses it transacts with rather than the designated wallet itself.

Some cryptocurrency industry compliance experts argue that digital currency wallet designations could usher in a new era; where tokens get categorized as either clean, tainted, or unknown with regard to their level of association with SDN addresses.

This might cause varying price levels for coins on the same blockchain, with clean tokens valued above those with tainted or unclear origins, and the end of the fungibility that cryptocurrencies have enjoyed since their existence.

One can also expect that blockchain forensics tools will become more valuable and more widely deployed as crypto exchanges aim to lessen the risk of transacting with users with tainted coins.

It’s on you

However, the more significant part of a new era arising from financial authorities scrutinizing cryptocurrency addresses is going to be what the cryptocurrency community itself will have to do: Work to prevent illicit transactions on the blockchain.

This is something many in the crypto space do not want to hear.

Cryptocurrency experts often point to “censorship resistance” as the technology’s most valuable feature, enabling anyone to store and send funds, unencumbered by any government authority. In theory, this is a strong enabler of freedom and democracy.

But in practice, this technical ability has never been a scalable reality given the reach of laws in most jurisdictions relating to financial crime. While evading the impositions of corrupt governments is a worthy goal, the crypto community should recognize that it is morally unacceptable to stay passive while evidence grows that criminals and terrorists are exploiting the community’s freedom.

In recent years, anti-money laundering (AML) compliance experts focusing on the blockchain industry have encouraged cryptocurrency firms to go beyond doing the “know your customer” (KYC) due diligence required of traditional financial institutions and do “know your transaction” (KYT) analysis by leveraging data on the blockchain.

There are multiple startups specializing in such blockchain forensics, serving crypto exchanges along with other enterprise customers like law enforcement agencies and large banks. These companies’ analytic tools are useful for fighting crime, but many voices in the crypto community criticize such tools–which deanonymize financial transactions on the blockchain–for undermining privacy. However, most information from blockchain forensics is not shared publicly. One usually needs to be a corporate or government client to access the data.

But OFAC listing cryptocurrency addresses would raise the stakes of KYT analysis.

It would make it more important for anyone involved in cryptocurrency transactions to verify the “licitness” of the addresses they touch.

And although it is likely that the number of designated addresses would be minimal to begin with (OFAC does not make designations lightly), even the small chance of a sanctions violation brings compliance risk mitigation into the picture for Joe Blow Token Buyer.

An inadvertent transaction with a banned address or an address that has transacted with a banned address would be viewable on the public blockchain ledger, possibly tainting that person’s cryptocurrency wallet as well.

The only way to help everyday users of cryptocurrency navigate the maze of an SDN-laden blockchain platform would be having real-time AML/KYT insight into the funding flows of various wallet addresses. This is not possible under the current environment where blockchain analysis is done in siloes, available just to financial firms and law enforcement.

Crowdsourced AML

What’s needed is an open-source platform where illicit activity is flagged and derogatory information is vetted. Call it crowdsourced AML on the blockchain.

I understand this need. As a researcher at a nonprofit national security think tank, I’ve investigated cases of cryptocurrencies and illicit financing, such as bitcoin terrorist funding campaigns in the Middle East. Our team has used free public blockchain explorer websites to analyze donations to these campaigns.

These tools are not as robust as what the government and banks can access with costly specialized machine learning and algorithmic tools. And even  if I, through rigorous manual tracking and analysis of blockchain activity, flag addresses I see transacting with a terrorist funding wallet, there is no efficient way to share my findings on a platform so everyday cryptocurrency users could see my “flags,” evaluate their veracity, and stay clear of those addresses, as appropriate.

The industry can help.

Two years ago, I suggested that cryptocurrency experts should set up their own watchdog groups to look out for nefarious activity on the blockchain, similar to how “white hat” hackers flag viruses and other cyber threats. Treasury’s plans make it more important now for the crypto space to build self-policing initiatives.

And besides incorporating OFAC’s blacklist, a public crowdsourced blockchain AML tool could address an illicit finance threat that affects crypto users directly: crypto heists. It would allow victims of ransomware or exchange hacks to voluntarily list their extorted or stolen tokens. While that won’t bring funds back to their rightful owners, it could make moving or stealing coins more difficult and disincentivize cryptocurrency theft in the long term.

Of course, for a self-policing AML platform to work, there would have to be a way to vet listings so that inaccurate and false information is not published. Otherwise, such a tool could be misused to falsely malign addresses, and thus, undermine innocent people financially. But this is more a technical problem to solve rather than a reason to not pursue a better way of doing AML on the blockchain.

The breakthrough of the first blockchain protocol, bitcoin, was in designing a decentralized way to incentivize strangers to compete and confirm the veracity of a global public financial record.

Certainly, with all the attention, time, and money invested in new products and services built off of cryptocurrency tokens, those who are developing this technology should be able to design ways to incentivize keeping the blockchain clean.

Police car image via Shutterstock


The leader in blockchain news, CoinDesk is a media outlet that strives for the highest journalistic standards and abides by a strict set of editorial policies. CoinDesk is an independent operating subsidiary of Digital Currency Group, which invests in cryptocurrencies and blockchain startups.

CrimeSanctionsOFACUS Treasury



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする