【仮想通貨】WSJ: 電報は、豊富な資金を既に調達のため公共の ICO を開始する計画をキャンセルします。



※ざっくり自動翻訳メモ。

今日、ウォールストリート ・ ジャーナル (WSJ) の報告 5 月 2 日初期コインを提供する (ICO) を起動する電報の計画に廃車されました。
メッセージング アプリケーションが、2 つのプライベート ICO ラウンドを通じて既に十分なお金を発生という事実は決定の理由として引用されました。
名前のないソースは、電報はもたらす $1.7 億の合計で 3 月中旬、ラウンド最初の ICO の部分と 2 番目の 84 81 認定投資家と後公共の計画の ICO を保持しないようにした WSJ に語った。
すでに開かれた – 2 つの ICO ラウンドから資金調達 $1 mln の純資産を持つものだけに開いていた、または電報 messenger アプリの開発だけでなく、電報を開く N blockchain プラットフォームの立ち上げをサポートに使用する収入の $200,000-ネットワーク。
Cointelegraph は、以前に最初のラウンド参加者の 1 つだったロシアの億万長者、ロマンアブラモビッチ、報道によると $300 百万を投資したと報じた。
アブラモビッチの広報担当者は $300 百万の価格のタグを拒否が、アブラモビッチ氏はすべての参加をしたかどうかについてコメントを避けた。
支払サービス プロバイダー Qiwi と Wimm 法案ダン食品、セルゲイ ・ Solonin、デヴィッド ・ Yakobashvili の創設者は、それぞれ、公電報 ICO に参加を発表しました。
メッセージング アプリをしたニュース暗号化以外の方法で最近では、それは最近、ロシア政府に暗号化キーを手に創業者パーヴェル ・ ドゥーロフの拒否のためロシアで禁止されました。
ロシアのメディアは、禁止は本当に電報の協会の ICO を cryptocurrency にためが、電報の法的な表現のためのスポークスマンは今回のケースを拒否 4 月の終わりに報告。

WSJ: Telegram Cancels Plans To Launch Public ICO Due To Abundance Of Funds Already Raised

The Wall Street Journal (WSJ) reported today, May 2, that Telegram’s plan to launch an Initial Coin Offering (ICO) has been scrapped. The fact that the messaging app raised enough money already through their two private ICO rounds was cited as the reason for the decision.

An unnamed source told the WSJ that Telegram has decided not to hold the planned ICO for the public after bringing in a total of $1.7 bln by mid-March, with 81 accredited investors taking part in the first ICO round and 84 in the second.

The money raised from the two ICO rounds already held – which were open to only those with a net worth of $1 mln or an income of $200,000 – will be used to support the development of the Telegram messenger app, as well as the launch of the blockchain platform Telegram Open Network.

Cointelegraph reported earlier that one of the first round participants was Russian billionaire Roman Abramovich, who reportedly invested $300 mln. Abramovich’s spokesperson denied the $300 mln price tag but declined to comment on whether Abramovich took part at all. The founders of payment service provider Qiwi and Wimm-Bill-Dann foods, Sergei Solonin and David Yakobashvili respectively, have publicly announced their participation in the Telegram ICO.

The messaging app has made the news in other ways than crypto recently, as it was recently banned in Russia due to founder Pavel Durov’s refusal to hand over the encryption keys to the Russian government. Russian media reported at the end of April that the ban was really due to Telegram’s association with cryptocurrency through its ICO, but a spokesperson for Telegram’s legal representation denied this was the case.



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする