【仮想通貨】ハッキングされた Exchange Coincheck 金融庁検査後 3 つの匿名性に焦点を当てたコインが値下がりしました



※ざっくり自動翻訳メモ。

日本暗号交換 Coincheck が匿名性を中心とした cryptocurrencies Monero、ダッシュ、および主要な 1 月の余波で ZCash ハック NEM の価値がある $534 百万は交換から盗まれたときの処理を停止するが、今日、3 月 17. に Cointelegraph 日本が報告した、匿名の 3 つの通貨は、固定価格でお客様から Coincheck によって伝え購入されます。
ジャパン ・ タイムズ追加 Coincheck が検証済みの Coincheck アカウントからの通貨の転送を受け入れも検討しています。
Coincheck は取引とすべての cryptocurrencies の引き出しを凍結した後、NEM が盗まれたが、交換は 3 月 12 日に特定の通貨の活動を再開します。
交換はジャパン ・ タイムズ報告自身の資金からの $440 百万以上 260,000 の影響を受けた顧客を既に返金します。
さらに、ハックで盗まれた NEM の約半分は伝えられるところで、マネーロンダ リング使用の異なる cryptocurrencies に変換されている、サイバー セキュリティの専門家はジャパン ・ タイムズに語った。
NEM 財団は、盗まれた NEM はジャパン ・ タイムズ、ハッカーによると 1 月 30. 上別財布アドレスへの移動を開始し、2 月 7 日、ダークネットで作成したサイトに、NEM の変換を開始を報告していた。
Coincheck から盗まれた NEM の一部報道によると、カナダで暗号交換で発見されていますと同様に日本の NEM 交換がまだ登録を待っている暗号交換日本金融サービス機構 (FSA) から、Zaif.Coincheck15 その他の未登録の日本暗号の交換を含む金融庁検査のシリーズの部分だった後 3 月 8 日ビジネス改善通知を提供しています。
具体的にはマネーロンダ リングやテロ資金供与を防止するためのシステムに欠けていると Coincheck として引用される注意してください。
ジャパン ・ タイムズは、Monero、ダッシュ、および ZCash の 3 つの cryptocurrencies を処理を停止する Coincheck の決定が最も可能性の高い金融庁の改善通知に応答であることを指摘しました。
当該匿名 cryptocurrencies の所有者は、マネーロンダ リングに使用することがほぼ間違いなく容易な Blockchain の追跡ことはできません。

Hacked Exchange Coincheck Drops Three Anonymity-Focused Coins After FSA Inspection

Japanese crypto exchange Coincheck will stop handling anonymity-centered cryptocurrencies Monero, Dash, and ZCash in the aftermath of the major January hack when $534 mln worth of NEM was stolen from the exchange, Cointelegraph Japan reported today, March 17.

The three anonymous currencies will reportedly be bought by Coincheck from customers at a fixed price. The Japan Times added that Coincheck is also considering accepting transfers of the currencies from verified Coincheck accounts.

Coincheck froze trading and withdrawals of all cryptocurrencies after the NEM was stolen, but the exchange resumed activities of certain currencies on March 12. The exchange has already refunded 260,000 affected customers over $440 mln from its own funds, the Japan Times reports.

Additionally, about half of the NEM stolen in the hack has allegedly been converted into different cryptocurrencies for money laundering use, a cybersecurity expert told the Japan Times. The NEM Foundation had reported that the stolen NEM began being moved to different wallet addresses on Jan. 30.

According to the Japan Times, hackers then began converting the NEM on Feb. 7 on a site created on the darknet. Some of the NEM stolen from Coincheck has reportedly been found at a crypto exchange in Canada, as well as at the Japanese NEM exchange Zaif.

Coincheck, which is still awaiting registration as a crypto exchange from the Japanese Financial Services Agency (FSA), was served a business improvement notice on March 8 after it was part of a series of FSA inspections that included 15 other unregistered Japanese crypto exchanges. The notice specifically cited as Coincheck as lacking a system for preventing money laundering and the financing of terrorism.

The Japan Times pointed out that Coincheck’s decision to stop handling the three cryptocurrencies Monero, Dash, and ZCash is most likely a response to the FSA’s improvement notice. Owners of said anonymous cryptocurrencies cannot be traced on the Blockchain, making them arguably easier to use for money laundering.