【仮想通貨】コダックは、Blockchain イメージ保護プラットフォームの目標を提供するトークンを発表します。



※ざっくり自動翻訳メモ。

ウェン デジタル、コダック、によって認可される blockchain ベースのイメージの権利プラットフォームの開発者は、まで提供し、ロイター通信が報じた 5 月 10. ウェン デジタル イメージを開発しました結合された公共および私用トークン $50 百万を引き付けるために計画を木曜日を発表画像の著作権を保護するために設計されている KODAKOne と呼ばれる blockchain を介して保護保護、収益、および配布のプラットフォームまたはプラットフォームに登録されている写真。
コダックは伝え、ウェンのトークン KODAKCoin のウェン Digital.The 公募で少数株式を 5 月 21 日開始を所有しています。
最初提供は 1 月に予定されていたが、潜在的な投資家の状態を評価するために遅れた。
コダックは、ウェン デジタルと提携を発表、株式は $13.25 の高さに上昇したが、トークンの提供が延期された後、落ちた。
株式の終値 5.15 ドル木曜日だった。
カム チェル、会長兼創設者の KODAKOne、ロイターに語った:「私たち本当に戻って一歩を踏み出したとすべての T さんが交差した、私が一般販売に乗り出す前にドットで区切られたを保つだろうことを決めた。
我々 したい我々 はそれの権利を得たことを確認してください。
“チェルは、米国証券取引委員会に登録されますを提供する、単純な契約と呼ばれる未来のトークン (SAFT) の楽器を使用して KODAKOne のコインを記載しました。
Blockchain プラットフォームの起動時サフト提供によりトークンが発行される、チェルによると予想される今年後半に。
サフト製品は、適格投資家に限定されます。
ウェン デジタルは既に適格投資家にそのサフトの中古販売を実行し、報道によると約 $10 百万を発生します。
チェル ロイターに語った需要が $20 百万の開発者の資本要件を超える、「$ 5000 万は当社が得意と思う」

Kodak Announces Token Offering Goal For Blockchain Image Protection Platform

Wenn Digital, the developer of a blockchain-based image rights platform licensed by Kodak, announced Thursday that it plans to attract up to $50 mln in a combined public and private token offering, Reuters reported May 10.

Wenn Digital has developed an image protection, monetization, and distribution platform secured via blockchain called KODAKOne, which is designed to protect the copyright of images or photographs registered on the platform. Kodak reportedly owns a minority stake in Wenn Digital.

The public offering of Wenn’s token KODAKCoin will begin May 21. Initially the offering was scheduled for January, but was delayed in order to evaluate the status of potential investors. When Kodak announced the partnership with Wenn Digital, its shares surged to a high of $13.25, but fell after the token offering was postponed. The stock closed at $5.15 on Thursday. Cam Chell, chairman and co-founder of KODAKOne, told Reuters:

“We really took a step back and decided that we would ensure that all T’s were crossed and I’s dotted before we embark on a public sale. We wanted to make sure that we got it right.”

Chell stated that KODAKOne’s coin offering will be registered with the US Securities and Exchange Commission, using an instrument called the Simple Agreement for Future Tokens (SAFT). Under a SAFT offering, the token is issued when the blockchain platform is launched which, according to Chell, is expected to be later this year. SAFT offerings are limited to accredited investors.

Wenn Digital has already run a pre-sale of its SAFT to accredited investors and reportedly  raised nearly $10 mln. Chell told Reuters that demand is greater than the developer’s capital requirement of $20 mln, “I think $50 million is our sweet spot.”



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする