【仮想通貨】アイオンは、Blockchains を接続するためのトークン ブリッジ ‘ を起動します。



※ざっくり自動翻訳メモ。

アイオンのトークンを ethereum blockchain に育ってきたことがありますが、それは退去。
アイオン ネットワークは、blockchains 間での相互運用性を促進するために構築されています。
この機能に重要なツールの 1 つネットワークの”トークン橋です、”鎖の間を移動するトークンを許可するように設計されています。
トークンの最初の橋は、アイオン ネットワークと ethereum、そのトークンが現在運営していきます。
実際に彼らは移動 – 言えば、本当に 1 つだけがあるので、トークンを破壊を提案している Nuco Kik の新しいチェーンと ethereum が行うには、ようなネットワークのペアとして、トークンのコピーを保持するスマート コントラクトではなく、時にトークン。
マット スポーク、Nuco – CEO によるとデロイトの卒業生によって設立された会社アイオン -、ブリッジの背後にある「問題、アイオン [トークン] 反対側に。
」”マイクロ ネットワークが一元化されていないノードのコレクションは、複数の参加者がある、橋はイベントを目撃した同意したことに責任があるが、ネットワーク上のそれらの他のノードが正直言って、行動している、”スポークと言い続けました。
」で培った機能です」Ethereum が、話によると、最初に来るがすべて blockchains に拡張する計画です」。
橋の設計は、時間をかけてより多くのジェネリックを得るつもりです。
CoinDesk.The に語った私たちは、他の blockchain と通信する」トークン橋はそのロードマップは、4 月の終わりに、mainnet の船出にアイオンの次のステップです」。
企業のコンテキスト、相互運用性、彼らの Rfp [提案の要求] のすべての 1 つは、相互運用性要件.Hyperledger ネットワークは、お互いにすべての話をことができるし、彼らはすべてのプライベート”スポークが指摘。
」が、プロトコルの間のクロスの一般的なソリューションではありません。
“ピート Rizzo.Pinion、チェーンのイメージによって追加のレポートはパブリック ドメインの blockchain ニュース リーダーで、CoinDesk は最高のジャーナリスティックな標準のために努力し、編集方針の厳格なセットに従うマスコミ。
CoinDesk は、cryptocurrencies と blockchain のスタートアップに投資してデジタル通貨のグループの独立した子会社です。
NucoAioninteroperability

Aion Is Launching a ‘Token Bridge’ to Connect Blockchains

Aion’s token may have grown up on the ethereum blockchain, but it’s moving out.

The Aion network has been built to foster interoperability across blockchains. One of the key tools to this functionality is the network’s “token bridge,” which is designed to allow tokens to move between chains.

The first token bridge will work between the Aion network and ethereum, on which its token currently operates.

Rather than using a smart contract to hold copies of tokens, as pairs of networks like Kik’s new chain and ethereum will do, Nuco has proposed actually destroying tokens as they move – put simply, so there really is only one token at a time.

According to Matt Spoke, CEO of Nuco – the company founded by Deloitte alums that’s behind Aion – the bridge then “issues an AION [token] on the other side.”

It’s a micro-network, it’s a collection of nodes that’s decentralized, there’s multiple participants, and those other nodes on the network are acting honestly, but that bridge is responsible for agreeing they witnessed the event,” Spoke went on to say. “That’s the function that we built in.”

Ethereum will come first, according to Spoke, but the plan is to extend it across all blockchains.

“The design of the bridge is going to get more and more generic over time. We want that to communicate with any other blockchain,” he told CoinDesk.

The token bridge is Aion’s next step on its roadmap, following the launch of its mainnet at the end of April.

“Even in the enterprise context, interoperability, every one of their RFPs [request for proposals] has an interoperability requirement … Hyperledger networks can all talk to each other and they’re all private,” Spoke pointed out. “But there’s not a common solution for a cross between protocols.”

Additional reporting by Pete Rizzo.

Pinion and chains image is public domain


The leader in blockchain news, CoinDesk is a media outlet that strives for the highest journalistic standards and abides by a strict set of editorial policies. CoinDesk is an independent operating subsidiary of Digital Currency Group, which invests in cryptocurrencies and blockchain startups.

NucoAioninteroperability



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする